消防設備士

【過去問(筆記)】消火器の加圧方式2つ|消防設備士乙種6類【規格】

https://aokimarke.com

強欲な青木
消火器の薬剤ってアレ‥一体どうやって『ブシュー!』って勢いよく出てきてんの!?
現在、主流である粉末消火薬剤放出の加圧方式には大きく「加圧式」と「蓄圧式(主流)」の2パターンあります。
管理人
強欲な青木
ちなみに昔、主流であった化学泡消火器の加圧方式は「反応式」なので消防設備士乙6を受ける方は覚えておきましょう!

これから消防設備士の試験を受ける方、既に消防設備士の免状を取得して業務に従事されている方も今一度、確認しておきましょう!

消火器の加圧方式2つ

「消火器は消火薬剤を噴射するものである」というのが一般的な認識だと思いますが、その噴射する力(圧力)をどの様に得ているのかで消火器の規格では “ 加圧(かあつ)式 ”と“ 蓄圧(ちくあつ)式 ”の二つの方式に大きく分けて以下の通り規定されています。

【第1条の2 】
十一「加圧式の消火器」加圧用ガス容器の作動、化学反応又は手動ポンプの操作により生ずる圧力により消火剤を放射するもの。

十二「蓄圧式の消火器」消火器の本体容器内の圧縮された空気、窒素ガス等の圧力又は消火剤自体の圧力により消火剤を放射するもの。

参考消火器の技術上の規格を定める省令

消火薬剤が入っている容器(本体容器)に通常は特に圧力がかかっておらず、使用時にのみ本体容器に圧力を加えて噴射するのが加圧式です。

一方、通常時から常に本体容器に圧力が蓄えられており使用時に、その圧力が放出される力で放射するのが蓄圧式です。

 

加圧式の消火器

加圧式の加圧方法としては手動ポンプによる手動ポンプ式水消火器、加圧用ガス容器(ボンベ)の作動による加圧式粉末ABC消火器があります。

化学泡消火器は反応式!

化学泡消火器は化学反応によって生じた炭酸ガスによって薬剤放出する消火器なので「反応式」に分類されます!

 

蓄圧式の消火器

蓄圧式には窒素ガス等を蓄えている蓄圧式粉末ABC消火器や、消火剤自体が圧力源になっている二酸化炭素消火器等があります。

それぞれの方式を身近な物(※個人差あり)で例えたものを以下に記述します。

加圧方式を身近なもので例えると‥

  • 手動ポンプ式:水鉄砲
  • 化学反応式:メントスコーラ
  • 加圧ガス方式:プラモデル用エアブラシ(ガス缶使用)
  • 蓄圧式:一般的なスプレー缶(カラーや殺虫剤等)

※これらの例は “方式の例え” であり、消火はできません。

強欲な青木
手動ポンプ式‥映画「ゴッド・ファーザー」でヴィトーが倒れた時に孫のアンソニーが水掛けてたやつか。
すんません、その例え全くもってピンと来ませんわ。
管理人
強欲な青木
なお現在、手動ポンプ式や化学反応式が設置されてることは殆ど無いですね。
設置というか、むしろ放置されているところなら何度か遭遇しました。(泣)
管理人

加圧ガス方式の消火器は現在、新しく設置されることは殆どありません。
(※破裂事故防止や技術の向上等で蓄圧式が推奨されている)

 

加圧式消火器の破裂死亡事故

劣化した加圧式消火器は、本体容器がボンベの圧力に耐えきれず破裂する危険があります。

㈱石井マーク様 ロゴ

㈱石井マーク

@ishiimark_sign

初期消火の重要な役割を担う消火器は、蓄圧式であれ加圧式であれ「圧力容器」である事に変わりなく、いずれも適切な保管や正しい取り扱いは欠かせません。

しかし古く劣化した製品では旧来の加圧式消火器には特有の危険があり、過去に死亡事故も発生しています。

今一度お手持ちの消火器のご確認を。

参考㈱石井マーク(@ishiimark_sign)さんTwitter

強欲な青木
人命を救うための設備で逆に死亡事故が起こってしまうのは「あってはならないこと」ですな。
まぁ、よっぽど設置環境悪かったりメンテナンスせずに放置してなければ大丈夫なんやけど…もう蓄圧が主流ですから一安心かな。
管理人

 

化学泡消火器は「反応式」

化学泡消火器は、使用時に「本体を転倒させて、外筒のA剤と内筒のB剤を混合させる化学反応」により発生する二酸化炭素ガスによって消火薬剤を放出します。

参考【過去問(筆記)】化学泡消火器|消防設備士乙種6類【構造・機能】

続きを見る

 

消防設備士試験の過去問(消火器と消火薬剤の規格)

消火器の加圧方式の説明として、誤っているものは次のうちのどれか。(乙6奈良)

  1. 本体容器内の圧縮空気または、窒素ガスなどの圧力により消火剤を放射するものは、蓄圧式である。
  2. 本体容器に充填された消火薬剤自身の蒸気圧で消火剤を放射するものは、蓄圧式である。
  3. 加圧用ガス容器の作動による圧力により消火薬剤を放射するものは、加圧式である。
  4. 本体容器内のアルカリ性の薬剤と酸性の薬剤を混合、化学反応させて発生する二酸化炭素の圧力により消火薬剤を放射するものは、加圧式である。
強欲な青木
迷わずに回答できましたか?
もし、まだ自信がないのであれば繰り返し「過去問テスト」等を使って類題を解くことをオススメします!
管理人

消防設備士「過去問テスト」は、その名の通り“過去に出た問題” のテストです。

ブログでお馴染みの管理人が過去問に関する情報収集を積み重ね、その中からピックアップして過去問ベースの模擬試験を作成したものです。

\そのまま試験に出ます/

「過去問テスト」をする

※有料記事はnoteの仕組みで「全額返金可能」です。

上記以外に新傾向問題の情報など提供あり次第、解説を毎年追記して更新しています。これから消防設備士の試験を受けられる方は是非ご覧下さい。

  • この記事を書いた人

aokimarke

ニッポンを、強欲に! 消防設備士10年目やってます。
【◎経 歴】
鈴鹿高専 ⇨ 静岡大学(3年次編入)⇨ 院 ⇨ 鈴与㈱ ⇨ 消防設備士など
【◎免 許】
消防設備士全類、危険物取扱者全類、第二種電気工事士、工事担任者(AI・DD総合種)、電験三種、予防技術検定(消防用設備等)など
【◎活 動】
月刊誌:電気と工事(オーム社)にてコラム執筆、消防設備士「過去問テスト」の制作・販売、YouTubeチャンネル「強欲な青木&消防設備士」の動画作成・編集、青木マーケ㈱代表取締役、㈱日本消防設備士事務所CEO、(一社)全国防火・防災管理センター代表理事など

-消防設備士
-,