消防設備士

【過去問(筆記)】ろ過網(化学泡消火器)と消火器の安全弁【規格】

https://aokimarke.com

強欲な青木
消火器ん中に「ろ過」する網が入ってるってホンマ!?
昔、主流やった「化学泡消火器」とかには、ろ過網(ろかあみ)入ってましたが…現在の蓄圧式粉末ABC消火器とかには無いです。
管理人

ろ過網(化学泡消火器)および消火器の内圧が上昇した際の破裂防止をする「安全弁」について徹底解説していきます!

ろ過網(ろかあみ)を設ける消火器

参考濾過網 3D Warehouse

ろ過網とは消火器のノズルやホースが詰まることを防ぐために設けられるフィルターのことであり、以下の通り規格が定められています。

【第17条(ろ過網)】

手動ポンプの水消火器、ガラスびんを使用する酸アルカリ消火器もしくは(ガラスびんを使用する)強化液消火器、化学泡消火器にはノズルまたはホースに通ずる薬剤導出管等の本体容器内における開口部に、次の各号に定める“ろ過網”を設けなければならない。

一 ろ過網の目の最大径は、ノズルの最小径の3/4以下であること。

二 ろ過網の目の部分の合計面積は、ノズルの開口部の最小断面積の30倍以上であること。

参考消火器の技術上の規格を定める省令

手動ポンプの水消火器・ガラスびんを使用する酸アルカリ消火器・強化液消火器・化学泡消火器にはノズルまたはホースに通ずる薬剤導出管等の本体容器内における開口部に、次の各号に定めるろ過網を設けなければならないと規定されています。

ろ過網を設ける消火器4つ

  1. 手動ポンプの水消火器
  2. ガラスびんを使用する酸アルカリ消火器
  3. ガラスびんを使用する強化液消火器
  4. 化学泡消火器
強欲な青木
この省令が最初に定められたのが昭和39年 (1964年) と遥か昔のことで、それから改定を繰り返し今に至ります。
当時は硫酸系の水溶液(化学泡でいうB剤)をガラス瓶に入れ(硫酸は鉄を腐食させるため鉄製の容器は使用不可)、使用時には瓶を割って(破瓶式)2剤を混合し化学反応を起こし、発生するガスで加圧する方式が酸アルカリ消火器や強化液消火器にも採用されていました。
管理人
強欲な青木
それらを踏まえると「ガラスを割るので破片がノズルやホースに詰まるのを防ぐため、ろ過網を設けなければならない」と推察されます。
現在の化学泡消火器の硫酸系水溶液(B剤)には樹脂製やステンレス製の容器が使われているのでガラスの破片は出ませんが…その名残で、ろ過網が依然として設けてられていますね。
管理人

化学泡消火器自体もう殆ど無い消火器ですが、ろ過網が設けられていると覚えておきましょう。

 

消火器の安全弁

安全弁とは、本体容器の圧力が異常に上昇した時に減圧するためのものです。

二酸化炭素消火器 安全弁

【第24条(安全弁)】※抜粋

1、消火器の安全弁は、次の各号に適合するものでなければならない。

  • 本体容器内の圧力を有効に減圧することができること。
  • みだりに分解し、または調整することができないこと。
  • 封板式のものにあつては、噴き出し口に封を施すこと。
  • 「安全弁」と表示すること。
  • 消火器の本体容器(高圧ガス保安法の適用を受けないものに限る)または容器弁以外のバルブに設ける安全弁は、次の表[省略]に掲げる当該安全弁を設ける消火器の区分に応じ、それぞれ当該欄に掲げる作動圧力の範囲内で作動するものでなければならない。
  • 二酸化炭素の消火器及び加圧用ガス容器の容器弁に設けるものは封板式、その他の容器弁に設けるものは封板式、溶栓式または封板溶栓式であること。
  • 封板式は、[省略]容器の区分に応じそれぞれに掲げる作動圧力の範囲内で作動すること。
  • 溶栓式は、[省略]容器の区分に応じそれぞれに掲げる作動温度の範囲内で作動すること。

参考消火器の技術上の規格を定める省令

安全弁は六角ボルトと形が似ているので、つい外してみたくなりますが「ダメ絶対!」です。(※薬剤全部出ちゃいます)

強欲な青木
ハロゲン化物消火器・二酸化炭素や窒素ガスの消火器や加圧用ガスなどの容器は、高圧ガス容器なのでかなり高い圧力にも耐えうるが故に、許容範囲を超えて破裂すると、とんでもない事故になります。
圧力が上がる要因は温度によるもので、温度上昇に伴い圧力も上昇します。
管理人

温度が上昇すると封をしている金属が溶けて穴があき、そこから排圧する「溶栓式」と、温度に関係なく一定の圧力まで上昇すると封板が破れ排圧する「封板式」があります。

安全弁の種類2つ

  1. 溶栓式
  2. 封板式

二酸化炭素(炭酸ガス)は温度上昇に対して圧力上昇率が激しく、溶栓式だと溶ける温度に達する前に容器が破裂する圧力まで上昇してしまうので、封板式しか使えません。

 

消防設備士試験の過去問(消火器と消火薬剤の規格)

ろ過網を設けなければならない消火器として、次のうち正しいものはどれか。

  1. 粉末消火器
  2. 二酸化炭素消火器
  3. 蓄圧式強化液消火器
  4. 化学泡消火器

 

消火器の安全弁について、次のうち誤っているのものはどれか。

  1. 本体容器内の圧力を有効に減圧することができること。
  2. 封板式のものは、吹出し口に封を施すこと。
  3. 「安全弁」と表示すること。
  4. 点検時(内部および機能の確認)には、必ず分解、噴出し圧力の調整を行うこと。
強欲な青木
迷わずに回答できましたか?
もし、まだ自信がないのであれば繰り返し「過去問テスト」等を使って類題を解くことをオススメします!
管理人

消防設備士「過去問テスト」は、その名の通り“過去に出た問題” のテストです。

ブログでお馴染みの管理人が過去問に関する情報収集を積み重ね、その中からピックアップして過去問ベースの模擬試験を作成したものです。

\そのまま試験に出ます/

「過去問テスト」をする

※有料記事はnoteの仕組みで「全額返金可能」です。

上記以外に新傾向問題の情報など提供あり次第、解説を毎年追記して更新しています。これから消防設備士の試験を受けられる方は是非ご覧下さい。

 

  • この記事を書いた人

aokimarke

ニッポンを、強欲に! 消防設備士10年目やってます。
【◎経 歴】
鈴鹿高専 ⇨ 静岡大学(3年次編入)⇨ 院 ⇨ 鈴与㈱ ⇨ 消防設備士など
【◎免 許】
消防設備士全類、危険物取扱者全類、第二種電気工事士、工事担任者(AI・DD総合種)、電験三種、予防技術検定(消防用設備等)など
【◎活 動】
月刊誌:電気と工事(オーム社)にてコラム執筆、消防設備士「過去問テスト」の制作・販売、YouTubeチャンネル「強欲な青木&消防設備士」の動画作成・編集、青木マーケ㈱代表取締役、㈱日本消防設備士事務所CEO、(一社)全国防火・防災管理センター代表理事など

-消防設備士
-,