消防設備士

【過去問(筆記)】大型消火器の能力単位と消火薬剤の量|乙6【規格】

https://aokimarke.com

強欲な青木
大型消火器って‥どっからが “大型” の扱いなん?
もしかして車輪ついてたら大型でエェんかな!?
だいたい大型消火器って車輪ついてるんですけど…法的には「能力単位」と「消火薬剤量」で大型か否かが分類されています!
管理人

大型消火器に分類される条件2つ

「大型消火器 」は、次の規格にて定められている能力単位および消火薬剤量の要件の両方を満たしている消火器の分類をいいます。

大型消火器に分類される条件2つ

  1. 能力単位
  2. 消火薬剤量

 

大型消火器の能力単位

【第2条】
消火器は、次条または第四条の規定により測定した能力単位の数値が1以上でなければならない。

ただし、大型消火器で、A火災に適応するものにあっては10以上、B火災に適応するものにあっては20以上でなければならない。

参考消火器の技術上の規格を定める省令

A火災およびB火災については前ブログ “A火災およびB火災の分類とは?” をご参照下さいませ。

 

大型消火器の消火薬剤量

大型消火器に該当する条件として、消火器の種類ごとに以下の消火薬剤の量以上である必要があります。

消火器の種類消火薬剤の量
水消火器80リットル以上
強化液消火器80リットル以上
化学泡消火器60リットル以上
機械泡消火器20リットル以上
二酸化炭素消火器50㎏以上
ハロゲン化物消火器30㎏以上
粉末消火器20㎏以上

【第9条】
大型消火器の消火剤の量は、水消火器又は化学泡消火器は80ℓ以上、機械泡消火器は20ℓ以上、強化液消火器は60ℓ以上、ハロゲン化物消火器は30kg以上、二酸化炭素消火器は50kg以上、粉末消火器は20kg以上でなければならない。

参考消火器の技術上の規格を定める省令

大型消火器に分類される条件2つ

  1. 能力単位‥A火災に適応するものにあっては10以上、B火災に適応するものにあっては20以上
  2. 消火薬剤量‥水消火器または化学泡消火器は80ℓ以上、機械泡消火器は20ℓ以上、強化液消火器は60ℓ以上、ハロゲン化物消火器は30kg以上、二酸化炭素消火器は50kg以上、粉末消火器は20kg以上

大型消火器に該当しない例

能力単位A-5、B-20、Cで、消火薬剤質量10kgの粉末(ABC)消火器
= 大型消火器では無い

(能力単位の数値が、B火災で20あるが、薬剤が20kgに満たないため)

 

大型消火器に該当する例

能力単位A-10、B-20で、消火薬剤量30ℓの機械泡消火器
= 大型消火器

(能力単位の数値が、A火災が10、B火災も20ある、薬剤も20ℓ以上なので)

強欲な青木
どのようにして消火薬剤量の数字を暗記するかは個々の楽しみの一つでもあります。
ここで某スーパー消防設備士マイスター直伝の語呂合わせを紹介させて頂きます。
管理人

大型消火器の消火薬剤量の覚え方

【大型消火器の消火剤の量】

  • 水消火器または化学泡消火器は80ℓ以上
  • 機械泡消火器は20ℓ以上
  • 強化液消火器は60ℓ以上
  • ハロゲン化物消火器は30kg以上
  • 二酸化炭素消火器は50kg以上
  • 粉末消火器は20kg以上

これを語呂合わせで覚えようとすると‥

はい即、脳裏に刷り込まれました!

強欲な青木
これ実際めちゃくちゃ覚えやすいですね…語呂合わせの威力、ナメたらアカン!
スイカ屋て!🍉(笑)
管理人

 

【補足】大型消火器を危険物施設に設置するケース

危険物施設には、そこで貯蔵および取扱いされる危険物毎に以下の消火設備を設置します。

第1種消火設備屋内消火栓設備、屋外消火栓設備
第2種消火設備スプリンクラー設備
第3種消火設備水噴霧消火設備
泡消火設備
不活性ガス消火設備、ハロゲン化物消火設備、粉末消火設備
第4種消火設備大型消火器
第5種消火設備小型消火器

参考危険物の規制に関する政令 別表第5(第20条関係)

 

第4種消火設備の設置義務が生じる危険物施設には、大型消火器を設置します。

消防設備士試験の過去問(消火器と消火薬剤の規格)

消火器の能力単位について、次のうち誤っているものはどれか。

  1. 消火器は能力単位の数値が1以上でなければならない。
  2. 大型消火器の能力単位は、A火災に適応するものにあっては10以上でなければならない。
  3. 大型消火器の能力単位は、B火災に適応するものにあっては20以上でなければならない。
  4. 大型消火器の能力単位は、A-10以上でかつB-20以上でなければならない。

 

大型消火器に充填する消火薬剤の最小値として、次のうち誤っているものはどれか。

  1. 水消火器‥‥‥80ℓ以上
  2. 化学泡消火器‥‥‥80ℓ以上
  3. 強化液消火器‥‥‥60ℓ以上
  4. 二酸化炭素消火器‥‥‥60kg以上

 

大型消火器に該当するものは次のうちどれか。

  1. 能力単位A-5、B-20、Cで、消火薬剤質量10kgの粉末(ABC)消火器
  2. 能力単位A-10、B-5、Cで、消火薬剤量50ℓの強化液消火器
  3. 能力単位A-10、B-20で、消火薬剤量30ℓの機械泡消火器
  4. 能力単位B-20、Cで、消火薬剤質量40kgの二酸化炭素消火器
強欲な青木
迷わずに回答できましたか?
もし、まだ自信がないのであれば繰り返し「過去問テスト」等を使って類題を解くことをオススメします!
管理人

消防設備士「過去問テスト」は、その名の通り“過去に出た問題” のテストです。

ブログでお馴染みの管理人が過去問に関する情報収集を積み重ね、その中からピックアップして過去問ベースの模擬試験を作成したものです。

\そのまま試験に出ます/

「過去問テスト」をする

※有料記事はnoteの仕組みで「全額返金可能」です。

上記以外に新傾向問題の情報など提供あり次第、解説を毎年追記して更新しています。これから消防設備士の試験を受けられる方は是非ご覧下さい。

  • この記事を書いた人

aokimarke

ニッポンを、強欲に! 消防設備士10年目やってます。
【◎経 歴】
鈴鹿高専 ⇨ 静岡大学(3年次編入)⇨ 院 ⇨ 鈴与㈱ ⇨ 消防設備士など
【◎免 許】
消防設備士全類、危険物取扱者全類、第二種電気工事士、工事担任者(AI・DD総合種)、電験三種、予防技術検定(消防用設備等)など
【◎活 動】
月刊誌:電気と工事(オーム社)にてコラム執筆、消防設備士「過去問テスト」の制作・販売、YouTubeチャンネル「強欲な青木&消防設備士」の動画作成・編集、青木マーケ㈱代表取締役、㈱日本消防設備士事務所CEO、(一社)全国防火・防災管理センター代表理事など

-消防設備士
-,