消防設備士

【過去問(筆記)】消火器の放射性能および使用温度範囲は?【規格】

強欲な青木
消火器の放射距離って、いつも使ってる蓄圧式粉末ABC消火器10型アルテシモの本体容器には3~6mってアバウトな値が記載されてるけど…これ法的には何mなん?
これ実は法的に有効な放射距離って規定ないんですよ!
ただ消火薬剤の放射量とかは規定あるので確認していきましょう!
管理人

現在は粉末ABC消火器10型が主流で化学泡消火器なんて設置されていないですが、昔の法令では色んな消火器について謳われているので試験に合格するために暗記しましょう!

消火器の放射性能

消火器の放射性能は以下の通り規定されています。

【第10条(放射性能)】
消火器は、正常な操作方法で放射した場合に、次の各号に適合するものでなければならない。

  • 一 放射の操作が完了した後すみやかに消火剤を有効に放射するものであること。
  • 二  放射時間は、温度20℃において10秒以上であること。
  • 三  消火に有効な放射距離を有するものであること。
  • 四 充塡された消火剤の容量又は質量の90%(化学泡は85%)以上の量を放射できるものであること。

参考消火器の技術上の規格を定める省令

強欲な青木
温度は圧力に影響するので温度が上がれば圧力も上がる為、放射の勢いが良くなり距離も伸びますね。
もちろん一気に出しちゃうので、その分だけ放射している時間は短くなります。
管理人
強欲な青木
温度が下がれば当然、逆になります。
放射距離は “有効な距離” とアバウトな規定ですが、試験問題で「放射距離は3m以上 … 」みたいな問題が出ます。
管理人

消火器の放射距離について法令上は “具体的な距離は規定されていない” と覚えておきましょう。

 

消火器の使用温度範囲

消火器には使用温度範囲の規定もあり、化学泡消火器と化学泡消火器以外で以下の基準があります。

【第10条の2】

消火器は、種類に応じ、各号に掲げる “使用温度範囲”で使用した場合に、正常に操作することができ、かつ、消火及び放射の機能を有効に発揮することができるものでなければならない。

一 化学泡消火器5℃以上40℃以下

二  化学泡消火器以外の消火器 0℃以上40℃以下

参考消火器の技術上の規格を定める省令

化学泡消火器は薬剤放射量が85%以上であったり、使用温度範囲の下限が5℃以上(5℃以下では発泡状態が著しく低下する)であったりと他の消火器より条件が緩いことを覚えておきましょう。

 

【重要!】市販品の使用温度範囲

現在、販売されている消火器の使用温度範囲は以下の通り。

消火器の種類使用温度範囲
化学泡消火器5℃~40℃
水消火器
(消火剤:純水)
0℃~40℃
強化液消火器-20℃~40℃
機械泡消火器-20℃~40℃
加圧式粉末消火器-20℃~40℃
(※例外あり)
蓄圧式粉末消火器-30℃~40℃
二酸化炭素消火器-30℃~40℃

参考【過去問3回分】消防設備士乙6の実技試験に出た過去問を徹底解説!

強欲な青木
えっ!
法的には最低温度が0℃なのにマイナス20℃とかマイナス30℃でも設置できるん!?
そうなんですよ‥。
今のところは、消防設備士乙6の試験では法的な使用温度範囲を覚えて、かつ市販の消火器の使用温度範囲も知っておく必要があるっていう厄介なことになってます。
管理人

では実際に消防設備士乙6に出た過去問を解いて、上記の内容が脳ミソに刷り込まれているかを確認しましょう!

 

消防設備士試験の過去問(消火器と消火薬剤の規格)

消火器の放射性能について、次のうち正しいものはどれか。

  1. 放射時間は、温度20℃において10秒以上であること
  2. 機械泡消火器は充填された消火薬剤の容量の85%以上の量を放射できること
  3. 充てんされた消火薬剤の質量の90%以上の量を放射できること
  4. 二酸化炭素消火器の放射距離は3m以上、その他の消火器は5m以上であること

 

消火器の温度範囲として規定されているもののうちで、誤っているものはどれか。

  1. 粉末消火器は0℃ 〜 40℃
  2. 強化液消火器は−5℃ 〜 40℃
  3. 二酸化炭素消火器は0℃ 〜 40℃
  4. 化学泡消火器は+5℃ 〜 40℃
強欲な青木
迷わずに回答できましたか?
もし、まだ自信がないのであれば繰り返し「過去問テスト」等を使って類題を解くことをオススメします!
管理人

消防設備士「過去問テスト」は、その名の通り“過去に出た問題” のテストです。

ブログでお馴染みの管理人が過去問に関する情報収集を積み重ね、その中からピックアップして過去問ベースの模擬試験を作成したものです。

\そのまま試験に出ます/

「過去問テスト」をする

※有料記事はnoteの仕組みで「全額返金可能」です。

上記以外に新傾向問題の情報など提供あり次第、解説を毎年追記して更新しています。これから消防設備士の試験を受けられる方は是非ご覧下さい。

  • この記事を書いた人

aokimarke

ニッポンを、強欲に! 消防設備士10年目やってます。
【◎経 歴】
鈴鹿高専 ⇨ 静岡大学(3年次編入)⇨ 院 ⇨ 鈴与㈱ ⇨ 消防設備士など
【◎免 許】
消防設備士全類、危険物取扱者全類、第二種電気工事士、工事担任者(AI・DD総合種)、電験三種、予防技術検定(消防用設備等)など
【◎活 動】
月刊誌:電気と工事(オーム社)にてコラム執筆、消防設備士「過去問テスト」の制作・販売、YouTubeチャンネル「強欲な青木&消防設備士」の動画作成・編集、青木マーケ㈱代表取締役、㈱日本消防設備士事務所CEO、(一社)全国防火・防災管理センター代表理事など

-消防設備士
-,